2020年5月上旬 春の朝里川遊歩道(エゾヤマザクラの頃)

2020年は新型コロナウィルスの感染拡大防止の為、春のお花見会などが中止になりました。例年でしたら樹木医の先生方と桜並木のフィールドワークを行っていたところですが、それも叶わず、とても残念でした。

それでも今年の桜は花つきもよく、散歩で歩く私達の目を大いに楽しませてくれました。

エゾヤマザクラがほころび始めたのは4月末。そこから日を追って遊歩道の桜(5/2~5/7)をご紹介します。

5月2日のエゾヤマザクラ(大山桜)
「千島桜」も早咲きです。この品種はエゾヤマより数日早く開花します。(5/2)
5月3日の朝里川遊歩道・百想園側から上流へ連なるエゾヤマザクラ並木
5月4日、朝里川公園内の小公園のエゾヤマザクラ
上朝里橋側の朝里川遊歩道入口看板(5/4)
新光南会館側・ながら公園付近の遊歩道(5/4)
5月4日、朝里川公園清流橋付近
上朝里橋と高速道高架下の間のエゾヤマザクラ並木(5/4)
高速道路と新光大橋の間、濃い赤紫の花をつけるエゾヤマザクラ(5/4)
5月7日。新光大橋から上流を撮影。朝里川と遊歩道の桜並木。
エゾヤマザクラに替わって存在感を出す「小彼岸」桜(5/7)
高架下のエゾヤマザクラ、手前の白と奥の紅の揃い咲き。(5/7)
新光南会館側の「染井吉野」(5/7)
あじさい公園付近、川沿いに石井有人文学碑のシルエット(5/7)

タイトルとURLをコピーしました