朝里川遊歩道の冬囲い外し

4月10日(土)午前9時より、朝里川遊歩道と百想園の冬囲い外し作業を行いました。前日は季節外れの雪で寒さが戻っていましたが、この日は快晴で風もなく、作業には快適な好日となりました。朝里のまちづくりの会員16名が集まり、黙々と作業を進め、すべての雪囲い外しと、遊歩道にベンチの設置を終えました。

百想園に集合した会員の皆さん。足元には昨年秋に植え込んだチューリップが芽吹いています。
百想園の20周年記念碑「あさりの碑」。鈴木吾郎氏の作品「桜の乙女」像もブルーシートを外しました。

また、松前の桜守・浅利政俊先生から贈られた福寿草の苗を、百想園の「アサリの碑」と、遊歩道の石井有人文学碑の周りに植栽しました。春一番に雪解けするのがこのモニュメントの周りなので、来春は黄色い花が春を告げてくれることでしょう。去年暮れに送っていただいた福寿草は、アジサイ花壇の中できれいな花を咲かせています。

石井有人文学碑の前で福寿草の植栽作業
句碑の側には雪解けの朝里川が流れます
おひさまを浴びて開花した福寿草
「陽光」はまだ硬い
早咲きの「千島桜」は蕾がふくらんでいます

タイトルとURLをコピーしました